読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うぉーと吠える日々

たまに、うぉーと心の中で吠えています。メモがわりに書いているので、乱文です。ご容赦くださいませ。

五行と呼吸

昨日は夕方に五行と立つ行をおこなった。

ただ、立って呼吸に集中しているだけなのだけど、ホカホカして汗をかいた。

自宅の廊下は風も通って涼しい場所なのだが、暑く感じられた。

そのまま五行に入ったので、土の構え辺りから目の回りが汗ばんで、終わる頃にはいい汗かいてホクホクだった。

 

その後にご飯を食べに行ったが、いつもより満腹が早かった。

お酒も、飲まなくても大丈夫になった。

呼吸、大事なんだと再確認できた。

朝見の夢

今朝明け方、夢を見た。

白川郷のような、山あいの学校に私はいた。

中学生くらいだ。

裁縫箱を入れるサイズのファスナーつきの袋に、25cm位のゲジゲジ🐛した固めの生き物が5,6ぴき入っていた。

数日預かって、返してねと言われていたけど数日タイミングが合わず渡せなかったのを、全校集会後に預かった人の机の上に置いて、発表会にでたその後に、袋を取りに来たから、机の上に置いた旨を伝えた。

 

これから休みに入るから、誰が世話するかで預けた側は話し合っていたが、私は外れたので、知らなくていいやと、わりとスッキリ終った夢を見た。

 

めっちゃ長いムカデみたいな、でも硬い生き物だった。

何で飼っていたのかも不明だ。

夢だから、いいにする。

 

 

お金に換算できない仕事

夕べ、子どもたちが寝てしまってから来週の下準備をしていた。

布を洗い、糊やコットンの汚れを落とした後にすすいで、軽く干した後にアイロンがけをした。

2時間くらいの作業。材料費には含まれない仕事だ。

アイロン、1年前は苦手だったが普通にこなしている。機会に鍛えてもらっているのかな、と思っている。

苦手(と思っていた)な原価計算も気にならないし、むしろ、計算楽しいし。

 

ただ、お金ってなんなのかな、時間って何なのかなと思うことが増えた。

1つのワークショップに費やす時間と自分の熱量が、バイトをしていた時より大きい。


今はなかなか頑張れていないが、仕事があるって素晴らしかったのかな。


今は何でもいいから自転して、星の中の1つとして全うしようと思う。

エコ作くん

エコ作くんをちょっとずつ使いはじめている。

お芋をふかしたり、お茶を淹れてみているがエコ作くんで沸かしたお湯で淹れるお茶が、絶品なのだ。

番茶しか淹れていないのだけれど、今までに飲んだことのない、まろやかな味。

 

お芋は細くしないと入らないので、細い芋をなるべく調達したり、細くカットして入れる。美味しい芋が焼ける。

 

エコ作くんで調理すると太陽の恵みがつまっている野菜に変化するようだ。

positivityってこういうことか、というのが調理されたものをいただくと、わかった。

 

違うタイプのソーラークッカーも試してみたくなった。

久しぶりに楽器を吹いて思ふこと

今日、久しぶりに楽器を手にして他の方と練習した。

 

私は、花粉の時期から耳が塞がったような感じがしたまま今に至っているのだけれど、それが日常と楽器にどれくらい影響がでるのか観察と俯瞰しながら練習に臨んだ。

 

楽器の演奏やバランスを聞き取る部分に関してはあまり問題なさそう。

練習記号のBとDとかの指示が、ちょっと聞き取りにくいけど、それはわりとあることなのでいいとする。

 

演奏をしていて、率直な私の気持ちは、

今は楽器じゃない、ということ。

 

楽器は私にとって鎧の一部だった。

ある程度できるので、どんなところでもそれを使った仕事をすれば、一定の評価を得ることができる。

 

でも、それでは修正できないところがあった。自分のことを受け取れないのだ。

他人の評価を軸にしてしまう。それではいくらやっても満たされない。悪循環だ。

同じく楽器をやっていても、受け取れる人は受け取れていると思う。

私のケースでは、楽器をやっていることが自己受容に結びつけることが、私には出来なかった。結果、大きな漏れを作る原因になっていったのだろうと思う。

 

そんな自分を受け取るのが下手な私が、自分を受け取る大きなきっかけになったのは幼稚園での手仕事だった。

 

あまり器用ではない私が、自分でも意外な位に手仕事に自分を奉じている。

こうありたい、とか色々あっても、今は初めての事をやっている時期なので、余裕0、余裕ナッシング。

 

回を重ねるにつれ、自分は愚鈍だなと思うが、手抜きよりはよいかと思い、まずは愚直であることを貫こうと思っている。

 

楽器についてお受けした1回は、きちんとこなしてやらせていただこうと思う。

進め、草原を進む象のように。

ただ静かに、前を向いて。

大体復活

昨日で、おおよその復活となった。

クンルンの行も、時間との兼ね合いから何回かに分けて行った。

朝はワンブレスとクンルンの構え、午後は短めに五行とマオシャンとレッドフェニックス。

 

昨日は久しぶりにクリスタルとお出かけをした。昨日のお昼に急に雷が鳴って、たくさんの稲光をみていたら、ライトニングクリスタルのことを思い出し、お顔を拝見していたら

、つれていけと言われた気がしたのだ。

 

うちの石は、外が好きなのだろうか?

 

五行お休み

今朝は5時に起きて

ワンブレスからクンルン、収用まで行った。

 

午前中は普通に生活していたのだが、手続き等で帰宅が遅くなりお昼を回ったため、五行は3時以降に、と思っていた。

 

お昼にお蕎麦をいただいて、書類の提出や講座の買い出しに出かけていたのだが、帰路についてから腹が痛い。

横隔膜から下が悲鳴を上げたのをみて、お昼を食べ過ぎたと悟った(遅い)

 

帰宅して横になること1時間。

轟音と変な夢を見る。

昔の知人が出てきて、ぴったりくっついてくる。

嬉しくないし、もう一緒にいなくていいです、

と思って目を覚ました。

 

そのあとからトイレに住まう事30分。

家族も入るので出入りを繰り返すことになった。

その結果体調も観察できたのだが、トイレに籠る度に、お腹や足が温かくなってきた。

どうやらデトックスできているようだ。

さすがに体調が優れないので、立つ行のみにして、五行とレッドフェニックスはお休みにした。

 

今日は体の感覚に任せてみようと思ったのだ。

額もグリグリしなかったし、明日また仕切り直せばいいや、と思えた。

五行の構えは、内臓に効果があったのだろうか?

私はまだ結果でしか見ることができないところなのだけれど、クンルンを通じて、エネルギーを巡らせるということの片鱗がチラリと見えたように思う。

 

子どもたちは、素のままで病と向き合い、なんの葛藤もなく病を受け入れ、知らないうちに体得するものがあるようだ。

病は内面に向かう大切な切符なのかなと、ボンヤリ思えた1日だった。

子どものうちに済ませた方がよい病は、大人がかかると、思いがけず辛いことがわかった。

 

やっと、1キロ減った。

でーも。まだ、たまってそうだよ。

下腹部のめぐりがよくなっていることを祈る。