うぉーと吠える日々

たまに、うぉーと心の中で吠えています。メモがわりに書いているので、乱文です。ご容赦くださいませ。

あしぶみ

ここ数日、なんとなく落ち着かない。

じっくりクンルンのプラクティスに取り組めていないからなのかわからないが、あのプラクティスやりたいと思いつつほんの少しで留まったりして消化不良な感じ。

イライラしているわけではないけれど、淡い後悔というのだろうか。

 

今朝は4時に起床。洗濯物をたたみつつ、バーダンキンをやってみると肩甲骨周りが固くて2回やっただけでやりたくなくなってしまった。

なので、肩甲骨周りをほぐすワークをやってから、バーダンキンに入ると最初の違和感が消えてやりやすくなっていた。しばらくすると汗がじわっとかくような感覚が出てきた。

 

やりたいけどできないときって、他を整えた方がはやいのか。

そして私は、できていることよりできないことを気にしている。

それが私を苦しめているのかも?

できなくて足踏みしているときとはどういう状態なのか?

すこしだけ見えたような気がする。

 

そういう気付きがあったのはとてもよかった。

 

朝から洗面所周りを少し片付けて、床を拭いて今日も一日がはじまった。

皆様よい一日を。

大山阿夫利神社奥宮

6/26

大山阿夫利神社に行った。

大山は登ってみたいと思って1年半、いや大山というキーワードが降ってきてというべきか。

車で自宅を出て1時間半。

大山ケーブルカー近くの駐車場に車を停める。ここからケーブルカーの駅まで石段の参道を登ってゆく。

斜面の角度がすごい。


f:id:stonemalachite:20180708152232j:image

大山阿夫利神社の下社に到着して参拝。

 

すごい傾斜の石段を登り、しばらく進む。

鹿がいた。
f:id:stonemalachite:20180708152455j:image

肌寒くなるのかと思わせる風が吹き抜けるなか、粛々と登山を進める。
f:id:stonemalachite:20180708152520j:image

トレイルランをされている方も多くて、昔の行者修行場さながらの大山登山。

下界では絶対見られない光景だ。

汗が吹き出て、適度に風を受けて乾くを繰り返す。

休憩時にイージョンを行う。自然に四つ這いになる場所もあり体のもとめるままにクンルンプラクティスを組み込んで登山する。

そうしているうちに途中から静かに登山をしたくなり、できうる限り音をたてないで登り始めた。


f:id:stonemalachite:20180708153324j:image

ぼたん岩と呼ばれる石
f:id:stonemalachite:20180708153433j:image


f:id:stonemalachite:20180708153510j:image

登山道以外の場所には、こんなとげのある草が沢山生えていて、大山は剣呑な山、と感じさせる。
f:id:stonemalachite:20180708153642j:image

鳥居が見えた。まもなく頂上。

ずっと雲の中を進んでいたが、頂上手前で雲を抜けた。

登り始めて1時間半だ。
f:id:stonemalachite:20180708153808j:image

そして頂上。
f:id:stonemalachite:20180708153841j:image

お日様が出ていて、風があっても暖かい。

しばらく日光浴をして下山開始。
f:id:stonemalachite:20180708153951j:image

下社近くの滝


f:id:stonemalachite:20180708154053j:image

1時間ちょっとかかって下山。

下山のときも、静かに降りることにした。

あまりにも集中して山を下山したため、頭がいたくなった(笑)

なのて、茶屋でカレーを食べて少しぼんやりした。

境内では茅の輪の準備も完了していた。


f:id:stonemalachite:20180708154225j:image

 

帰りにも鹿がいた。


f:id:stonemalachite:20180708154255j:image


f:id:stonemalachite:20180708154459j:image

ケーブルカーに乗って下山。

4時間で登下山を終えて、大山には再びのぼるビジョンを得て帰路につく。
参道のお店は4時近くには閉まりかけていて、鹿鍋猪鍋が食べられなかった。
またチャンスがあったら食べよう。 

次はもっと早くに来ないと、日が落ちるのも早くなっているだろう。

こどもとおとな

今日は満月だ。

夏至を過ぎてから少しづつ空が暗くなる時間が早くなってゆく。

子どもが月の写真をしばらく撮っていたので、見せてもらった。

なかなかいいなと思った。

 

6月25日の月

f:id:stonemalachite:20180628200635j:plain

6月26日の月

f:id:stonemalachite:20180628200717j:plain

6月27日の月 ぼやけてた。

f:id:stonemalachite:20180628200804j:plain

6月28日の月

f:id:stonemalachite:20180628201054j:plain

 

今日はちょっとお使いに行った帰りに夕焼けを見た。

夕焼けを見た時、ふとこども時代に夕焼けを見た時のことを思い出した。

 

昔みた夕焼けは、とても力づよくて、あまり大きな建物もなかったからか

わりと地平線近くの夕焼けを見ることができたのだ。

東の空が紺碧に染まってゆく姿を、等身大に美しいなと思った。

 

今同じ美しい夕陽を見ても、等身大に見れてないかも、と思う。

忙しすぎるのかな。

ゆっくりご飯を食べる、温泉に入る、川で遊ぶ、釣りをする、砂浜で日光浴をする。

そういう時間を夏休み中は少しでもいいから楽しみたいなと思う。

 

7月中は忙しくして、8月は子どもたちと海と山に1回ずつ連れていこうと思う。

磁場と電場 新たな展開

6月22日

知人と約束して、富士吉田の不二阿祖山大神宮にて祈願した。

13日にも、この地を訪れている。

その時に伺った話で、22日の参拝とご神体を預かることを決めた。

 

この日、知人とは8:45にみなとみらいで待ち合わせた。

私はあまり携帯をみないので、家を出る8:30に携帯を見ると、知人からメッセージがいくつか来ていた。

 

寝坊をした

間に合わないかも

奇跡がおきとる

思ったより早く着くかも

 

以上のことが書かれていた。

何かが、起きとるらしい。

そして起承転結の、起承転まで来ている。

なので、私は

「大丈夫です。間に合うよ!」

と返事をした。

 

実際、8:50に彼女と落ち合うことができた。

どうやら、7:30に出かける予定が、7:30に起きたらしいのだ。

そして、マリオBダッシュをかけてくれたらしい。

計らわれたようにタクシーが来て、タクシーの運転手さんに、適切な道に導いてもらい、無事にたどり着いたのだ。

 

彼女は私のアクセスバーズ®を受けてくれたのだが、その時彼女に、夏至の日は残業なしでお願いしておこうと言ってスイッチを入れたのだ。

 

私はここ数日残業というか、仕事を前倒して入れていた。バイト先のシフト調整で、結果6時間ほど多く働くことになった。

 

彼女は月末の激務にも関わらず、夏至の6月21日は残業がなかったそうで、その代わり在宅ワークをしたそうだ。

 

お互いの話を引き合わせると、どうやら私と彼女は残業の等価交換をしたようだ。

 

確かに残業しないスイッチをいれたんだけれど、まさか私に残業が発生するとは思いもよらなかった。お願いするときはかなり細かい描写をしないといけないのだろうか?

今度他人のためにお祈りをするということについて観察してみたいものだ。

雨が降るから休みます

6月20日

この日新しく来る人に、仕事を教えることになっていた。

正直、あー緊張するなぁ。

右手と右足両方一緒に出るくらい緊張する。

と思って出勤したら、休むって言っていたオーナーがいる。

 

なんでやねん。

と思っていたらオーナーから

新しく来る予定のひと、昨日連絡したら 

 

「明日は雨の予報だから

来ないって言ったんだよねー」

 

と言ったらしい。

東南アジアの人なのか?と思ったくらいだ。

でも、ちょっぴりそういうわがままを言えることがなんだかいいなぁと思ってしまった。

 

考えさせられた1日だった。

 

バイクは腰で乗るのか

6月の初めから、ピザ屋さんのバイクに似たような乗り物に乗ることになった。

仕事で配達をしているからだ。

 

始めは曲がらないなぁ、ハンドリングが難しいなぁと思っていた。

実は一昨日から、このバイクって乗り物は腰の体重移動で曲がる乗り物なんじゃなかろうかと気づいたのだ。

腕で曲がろうとすると、すごく曲がりづらいのに、腰のどのあたりに重きを置くかによってふっ、と曲がることができた。

ビックリした。この腰の体重の移動も、じつはクンルンクラスの基礎で習ったことと、全く同じ内容だったからだ。

 

ワークやっていることが、実生活に同じ秘訣が隠されている何かを知るきっかけになるなんて、本当にサプライズ。

 

体をどこから動かそうとしているのか、そしてそれが無理ないのかどうか。

そういう問いかけをしてみようかな。

 

難しいと思っている原因は、自分の中にあるのか。

自分の中で何かがかけちがっていたら、たどり着きたいところまでいけないのか。

 

ちょっぴり、賢くなった気持ちになれた。

 

電場と磁場

ここ数日、地震が多い。

我が家でも落ちて困るものを置かない、不要なものをしまうか処分するを、夏越の大祓までに出来る限り進めている。

 

火曜に、最後の掃除の仕事に行った。

そこで気づいたことがあったので、書き留めたいと思う。

最後の仕事でもあったので、終わるまであと1時間となったとき、丁寧にじっくり仕事ができるように、訪問先の空間に向かってゆっくり時間を流してくださいとお願いをした。

とても素敵なクライアントさんのお宅を、ちょっとでも長くきれいにしたいな。

ただそれだけぽそっと思った。

 

あと1時間15分で、風呂、トイレ、洗面所、部屋2つ、玄関の掃除をしなければならなかったのが、不思議なことに時間内に納めることができた。

できてないところに気づいたら、せっかくToDoリストをつくってくださったのに、見落としてたーとか思いながら瞬間瞬間を楽しんでいたような気がする。

 

仕事が終わって帰路について歩いていると、地震がありそうな落ち着かない雰囲気が一掃されていることに気付いた。

目標を超えたところに入って

集中して掃除をすると、除災になるのかと腑に落ちた瞬間だった。

掃除のために掃除をしていない。不思議な仕事納めだった。

 

 

昨日は我が家の風呂場をあらためて見直して、床から椅子、排水口まわりをしっかり掃除した。洗面所、台所の排水口、蛇口まわりもきれいにした。

日々住まえば汚れてしまい、つい手抜きをしてしまう自分だが、15分でも集中して掃除をすることで除災になるのかな?なるということにしておこう。

 

 

火曜に整骨院で電気をかけてもらった時のこと。

行く前に自宅でクンルンのかかとのワークをして整骨院に行った。

電気治療のときに、足首の感覚を探ると自宅にいた時の感覚より弱くなっている。

あらためて重力ワークをすると、しっかり入った。

何かの作用で骨の重力を感じる力が弱くなっていた。

今度は、電気をかける前に重力ワークをやって比較してみたい。