うぉーと吠える日々

たまに、うぉーと心の中で吠えています。メモがわりに書いているので、乱文です。ご容赦くださいませ。

マウスピース試奏

昨日、楽器のマウスピースを新しくしたいと思い、試奏に足を運んだ。

アルトとテナー、テナーを背負ってアルトは手にもって、楽器屋さんまで歩く。

両方持っていって楽器屋さんに着いたころには、もー汗だく。いい運動。

 

今年の初めから少し音のコントロールがしにくいと感じながら、

いくつか演奏の機会を経てきたのだが、リードがくたびれてくるとFの音が裏返り

倍音が出やすくなってきたため、ついに買い替えを決断して試奏の予約を入れた。

 

吹かせてもらったマウスピースは、自分が欲しいと思う音色ではなかったのだけれど、

コントロール性の高さや、息の入る多さは今まで自分が使ってきたものとは

ハッキリとした違いがあった。

もういい加減マウスピースを買い替える時期なのだというのがよく分かった。

 

これまで自分はどんな音色がいいのだろうと頭で悩んでばかりいたけれど、

試奏してみたら、意外に自分のほしい音が自分の中にあった。

行動してみる、って今の自分に本当に必要なことだった。

 

気づくのが遅いのは昔からなのだ。頭でっかち、もう卒業しよう。

そしてこれ違う!って思えることもすごく大事なんだという貴重な経験ができた。

違うものがあるから、自分の本当に目指したいものが見える。

 

お店の人にも、家族にも、この時間が持てたことにまず、ありがとうと言おう。

 

そして、自分の音が好きになれるマウスピースとの出会いがいつか来るのが楽しみだ。