読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うぉーと吠える日々

たまに、うぉーと心の中で吠えています。メモがわりに書いているので、乱文です。ご容赦くださいませ。

139号線へ②

忘れないうちに、日曜の話をする。

朝、8時20分に家を出た。

給油してから、茅ヶ崎より圏央道を経由して上野原ICへ向かう。

秋山という集落から無生野を通った。

気になった石碑があったので車を停めて見ていたら、石碑脇のお宅のかたに呼び止められ、無生野大念佛の冊子をいただくことになった。

その人は、私が雛鶴神社のことを一言も言っていないのに、神社のことを話してくださって、8月16日に毎年大念佛のお祭りがあるのでよかったら来て下さいと言われた。

本当に不思議なご縁だった。


f:id:stonemalachite:20170314230818j:image

雛鶴神社を参拝。しばらく行くと、雛鶴姫の墓所と、お付きの家来と縁のある松の木の切り株があった。

墓所にはまた小さな神社があり、そこでも掃除をする人がいらっしゃって気さくに話をしてくださった。

地域の人が、雛鶴姫をとても大切にしているのがよくわかって、ちょっと切なくなった。自然に、当たり前のように、雛鶴姫や従者達のそんざいを認めて敬っている。

そんな皆さんの姿をみると、時間が緩やかに流れているような感じがした。

 

リニアの実験場に雛鶴峠があり、とても不思議な気持ちになった。

古いものから急に新しい機械文明が混じり混んでいる。

リニアは、新しいけど古いテクノロジーでもありました。