うぉーと吠える日々

たまに、うぉーと心の中で吠えています。メモがわりに書いているので、乱文です。ご容赦くださいませ。

瀬戸内まるっとまわる旅③

瀬戸内3日目は、因島の朝から。

因島の旅館でご飯を済ませて、家族で少し散歩する。


f:id:stonemalachite:20170320013328j:image

フェリー船着き場は土日はお休みだった
f:id:stonemalachite:20170320013453j:image

小人、シャボン玉で遊んでゴキゲン。


f:id:stonemalachite:20170320013803j:image

生口島を臨む
f:id:stonemalachite:20170320013846j:image 

瀬戸内の島や海は、なんだかわからないけど懐かしい。登ったら楽しそうな山ばかり。

なんていうか、天狗(山伏)の血が騒ぐ騒ぐ。

四国の山並みと印象が全く異なる事に、妙性

を感じる。

宿屋のおかみさんにお別れを告げて、一路大三島へ。
f:id:stonemalachite:20170320014345j:image
f:id:stonemalachite:20170320014438j:image

しまなみ海道の名前がぴったり。

そして、大三島は阿奈波神社・大山祇神社へ。

阿奈波神社は土砂崩れがあり、今は再建中とうかがっていた。

社殿は工事中で仕事をされている方がいたので、遠くから一礼をして去ることにした。
f:id:stonemalachite:20170320015049j:image

そして、参道の石の上でグリッドを組む。
f:id:stonemalachite:20170320015145j:image

どうしてもこのグリッドの上で、

鈴を鳴らしたくなり、浅草は雷門からほど近い、JPCにて購入したスレイベルを8回鳴らす

6×4+1=25個の鈴がついている。

神楽鈴と迷ったが、いい音の鈴じゃないとね!とスレイベルになった。スレイベルも6本あり、試奏をして一番よい音のものを購入した。

 

さあ大山祇神社へ、と思って足を向けたら港近くにお住まいの方とお話をすることになった。ビックリするくらい、パズルのピースが埋まる内容のお話だった。

人が出会うって、本当に不思議なご縁。 

 

ご婦人とひとしきりお話をしてハグしてから
f:id:stonemalachite:20170320020756j:image

大山祇神社の参道をのぼる。

途中、鶴姫の銅像があった。

どうも許嫁と生き別れて、鈴を持ち沖へ出たきり戻らなくなったそうだ。

 鈴を持ってくるように言われたのは、このためだったようだ。