うぉーと吠える日々

たまに、うぉーと心の中で吠えています。メモがわりに書いているので、乱文です。ご容赦くださいませ。

クンルンとオーシャンジャスパー

3日前から息子にじんましんが出た。

久しぶりに出たな、という感じ。

 

きっかけになったのは友人とケンカをして、一方的に怒られた事のようだ。

そのわりには息子は腹を立てておらず、ただ帰宅するなりお腹まわりが痒いと言ってきた。

 

発疹程度の小さいものだったが、背中とお腹に幾つかじんましんが出ていた。

 

数日前から、急に胃の辺りがムカムカしたと言ってのたうち回っていた。

4月に入ったから新学期のストレスかもしれない。見た目や親の私が思っているより、息子は繊細だ。

息子の気持ちが少し落ちついてから、まずはフラワーエッセンスを幾つか息子に選んてもらい、レスキューエッセンスを作った。

 

就寝前、鉱物術教室でヒーリングを習っているのを思い出し、息子を寝かせてチャクラに応じた石を配置し、特に2~3のチャクラ位置にはマラカイトなどを石を多目に配置した。

 

水晶も並べて方向付けをしたすぐに、息子はかゆみが消えたと言って、布団で寝たい~と言いはじめた。はやっ!

喉元過ぎればなんとやらな息子。

でも、2~3チャクラ位置に配置した石はアツアツになっていた。

音叉とホワイトセージで浄化し石たちにお礼をして片付けた。


f:id:stonemalachite:20170406214713j:image


昨日、なぜかオーシャンジャスパーを手にすることになった。

今、私はマダガスカルがとっても気になっているのだ。

この石を見たとき、昔の地球のような模様に引き込まれた。そしてナディアさんでラス1のオーシャンジャスパー。

 

帰宅して石について検索すると、数日前に全く違う模様のオーシャンジャスパーを見ていることがわかった。

ああ、鈍感力が冴え渡っておるよ。私。

 

帰宅してこの石を持ったときに、えも言われぬ安心感を感じた。

昔死に別れた人と、この石が産まれた海を眺めていたことや、自分が死ぬ前に自分の愛した人達の幸せを祈り、大切な人達の魂にバリアをかけるので精一杯だったことを、やさしい気持ちで俯瞰できた。

 

昨日は、ヌースアカデメイアからのメルマガを読んで、急に宣言したくなった言葉が出てきた。以下はメルマガより抜粋

 

精神とは何ですか ?

O 交差するものに与えられる位置。

K 交差するとは何と何が交差するのか ?

O 感性とシケイ。

K 人間とは何ですか ?

O 二つの性格を持つ軸。

K 二つの性格とは ?

O 感性とシケイ。

K 対立するものなのか ?

O 地球の中においては対立する。

K 地球の外とは ?

O 真実の地球。真実の地球においては並格的なもの。

K 同一という意味ですか ?

O 同一ではない。

(引用終わり)

 

これを見た時、

わたしは妙なる二つの間に貫かれた真実の道を歩み、そしてその真実を胸に行動を行う、と声に出した。

おそらく、それが私の今生における、魂における使命のひとつなのだと理解している。

そうでなかったら、ヘルデライトのカードが頻繁に出るわけがない。

嵐も嵐。嵐山だ。アゼツとヘルデライトは。

 

漢字で妙という字があるが、異なる二つがある状態、をしめしているそうだ。

彬という字もじつは、二つをそなえるという意味がある。

 

私はレムリアやアトランティスの書籍を読んだわけではないので、感じたことだけ書くが、レムリアは感性の行き過ぎ、アトランティスは思考の行き過ぎがあったのかなと思う。

レムリアは、感性からくる嫌悪感など不一致性の不快感が同化し、正確にものを見ることが難しくなった。

逆にアトランティスは、思考が先に立ちすぎて、感情が分離してしまい、問題が起こった。

 

知っていながら何に繋げていくのかをベースにおいて行動しない限り、私が東に居る意味がないのだろうと感じている。

私は本来西の人間なのだ。海に面して、海と大地に思いを馳せながら暮らすのを望んでいるのだ。

それを春分の瀬戸内旅行で実感した。

 

差違をとるのはエネルギーの奪いあいではなくて、一段階進むための相互理解のためなのだから。これを肝に命じて都会暮らしをしよう。