うぉーと吠える日々

たまに、うぉーと心の中で吠えています。メモがわりに書いているので、乱文です。ご容赦くださいませ。

コロマンデルとビッグスフォーメーション

最近、気になっている地域のひとつにニュージーランドがある。

ニュージーランドのコロマンデル半島で見つかったコロマンデルストーンウッドは、はじめに見た時、見た目がグランドフォーメーションのビッグスフォーメーションピクチャーズジャスパーに似てる と思った。

 

帰宅してからコロマンデルとビッグスの両方を観察したところ、違う事がわかった。

持ってる音は、

コロマンデルがA♭、ビッグスがE♭

どちらも平均律からいくと低めの音程。

といっても絶対音感があるわけではなく、なった音をエレクトーンで拾い、音程だけは昔の杵柄でわかる、といった感じ。

おそらく、持っている主音が違うので役割は違う感じかする。

コロマンデルさんは、松果体からまっすぐ降りる軸を作り、グラウンディングとセンタリングを同時にサポートする感じ。

ビッグスさんは、視野を拡げたり、ビジョン化などのサポートと見える情報のaccuracyを上げてくれる、フィルターというかプロテクションを担う感じがする。

 

本来ならハーモニーで聞こえるのだけど、最近は2~3音が聞き取れる程度。

小さい頃は7th,9thが入った音のシャワーで聞こえた。あの音が懐かしい。

また聞こえるくらいまで、昇華したいものだ。

精進します。