うぉーと吠える日々

たまに、うぉーと心の中で吠えています。メモがわりに書いているので、乱文です。ご容赦くださいませ。

冨士のふもとへ ①

昨日は富士山のふもとへ知人と遊びに行く。

鮎沢と、足柄SAで休憩をとって、船津胎内樹型に向かう。

説明によると、屈んで歩く穴があるそうだ。

入口は神社になっていて、賽銭箱の奥に穴がポッカリ開いている。

知人のこどもZが、珍しく入るのを怖がる。

みんなで行くよ!と声をかけると我が家のこどもたちは早速入っていき、それに続いてZも入ってゆく。

f:id:stonemalachite:20170728071913j:image

少し進むと、母の胎内と呼ばれる屈み洞窟へ。小人達はさっさとゆく。大人は屈みながらよちよち進む。

まだーと言われながら進んで行く。
f:id:stonemalachite:20170728071948j:image

進んだ先に仏様がいた。なんで緑なのかまた訪れる機会があれば確認しよう。

 

びっしり苔がある岩もあった。

なんとなく苔に和む。
f:id:stonemalachite:20170728072015j:image

父の胎内は、こどもも進めない狭さ。

立ち入れない穴。
f:id:stonemalachite:20170728072035j:image

洞窟は、岩がちというより、滑らかな塑像の中を進んでいるような印象をうけた。
f:id:stonemalachite:20170728072208j:image

よく歩いたので、樹型の後はお昼ご飯。

北口浅間大社近くのコンブリオさんでお昼をいただく。

知人はビーガンベジタリアンなのだが、そうではない私たち家族も満足できるお食事だった。
f:id:stonemalachite:20170728123607j:image

奥はじみじみ定食、手前はカレーセット。

玄米ご飯とふづきの雑穀米だった。思っていたより食べやすい。

息子はピタパンとポタージュのセットを頼む。

揚げたお野菜が美味しい。優しい味だ。

最後に出てきたお茶に、知人はビックリしていた。お水が違うからか、お茶の味が丸い。

ゆっくり過ごした後、次の場所へ向かった