うぉーと吠える日々

たまに、うぉーと心の中で吠えています。メモがわりに書いているので、乱文です。ご容赦くださいませ。

レッドフェニックスと自分の内側

今日は整体の治療に行った。

少し遠いながらも、昔住んでいた埼玉の方面なので、遠さは気にならない。

手仕事の用意もしていくので、ゆっくり座れたらそのまま手仕事をしている。

今日は京急で動いたが、満員電車で久しぶりにぎゅうぎゅうの列車に乗った。

多摩川の河川敷が水浸しになっていて、雨の量の多さを思い知らされた。

 

今朝、体重を測ったら63.2kgだった。

台風が過ぎたら急に減った感じだ。

台風と体重は、関係があるのか?

先週整体に足を運んで、骨盤ベルトをもらってきて使っていたら、いつの間にかストンと体重も減っていた。

足、特に脛の辺りが細くなった。

かかとはまだガサガサなので、今後の変化を楽しみにお手入れをしていこうと思う。

 

横浜を出た時は、まだ低い雲が空一面に広がっていた。

埼玉高速鉄道東川口駅を出たら、台風一過の青空が目に飛び込んできた。

風も湿度が少なく軽やかで、でも少しひんやりした秋の風だった。

 

空の青が、とてもきれいで胸いっぱい空気を吸い込んだ。

大気に溶け込むような感じがした。

台風のもたらした気象の変化から、自然が多い所と似た空気を感じて嬉しくなった。

 

今日の治療は凄く長いように思えた。

でもいつもと同じ時間だった。

短いと思うときもあるし、毎回違うので興味深い。

先生は、真面目なのかユーモアがあるのかよく分からないのだけれど、なんだかかわいらしい所のある男の先生だ。

先生はいつも穏やかなのだけど、際がわかっている人だなと思う。穏やかだけどはっきりしていて、見習いたいと思う。

 

治療とプラクティスは、2本の柱のようになってきている。

治療だけでは他力の要素が強くなるので、五行やレッドフェニックスと組み合わせると、自分の中に留まる感覚が強くなる。

フワフワしやすい私にとっては、クンルンは必要な部分を補ってくれているようだ。

 

クンルンだけでは解消できなかった体のメンテナンスのお陰で、クンルンもことばの仕組みもお互いに補完しながら理解が進んでいるように思う。

 

しばらく続いていた雨模様も長年暮らした北陸の気候を思い出させるもので、懐かしく思えた。

ただ、雨の被害に合われた方には新たな生活に戻れるようお祈り申し上げます。