うぉーと吠える日々

たまに、うぉーと心の中で吠えています。メモがわりに書いているので、乱文です。ご容赦くださいませ。

三原山風強し


f:id:stonemalachite:20171108150146j:image
三原山登山口に到着。

初めはどこに登山口があるかわからずウロウロした。

f:id:stonemalachite:20171108144356j:image

体調がいまいちで、何となく胃に違和感があるものの、楽しく登れそうなのでなんとかなるぜ、と思う。

少し小走りで火口に向かう。そのうちすぐに急な坂になった。

バスの運転手さんがヤシャブシの話をしてくれていた。確かにヤシャブシがたくさん揺れていた。
f:id:stonemalachite:20171108144448j:image

進むうちに、溶岩に両脇を挟まれた小道に風景が変化していった。


f:id:stonemalachite:20171108144630j:image

くろいたまごやきみたいな層がある。
f:id:stonemalachite:20171108144703j:image

そのうち、外輪山のふもとにたどり着いた。

トイレに入ったのだが、水がポリタンクに入っていたが、重くて上手く持ち上げられず少し苦労した。

 

バスの運転手さんからは、反時計回りに廻るといいよとアドバイスを受けていたので、そのルートを選択した。

暫く進むと、西側の海から強い風が吹き抜けてきた。風に身を任せていると、とても気持ちよかった。

素足で歩きたくなったので、3mほど歩いてみたが凄く痛かった。石のツボ押しに乗ったような感じ。靴を履き直して、進むうちに風が

無くなった。

火口が見えるところの手前で、急に吐き気に襲われた。
f:id:stonemalachite:20171108144820j:image

やりすごして、なんとか外輪山を廻り終えた。山小屋のところに戻ると、さすがに温かいものを食べたくなったので、明日葉の天ぷらが入ったそばをいただいた。
f:id:stonemalachite:20171108150131j:image

食事の途中から胃痛が始まったので、半分くらいで止めてしまった。

なんとか岡田港行きのバスに乗り、岡田港に着いた。港そばに、松が立派で、社名が素敵な感じの小さなお社が目についたのでお参りをした。

その後海風に当たっているうちに痛みが落ち着いてきた。

激烈な体験だった。