うぉーと吠える日々

たまに、うぉーと心の中で吠えています。メモがわりに書いているので、乱文です。ご容赦くださいませ。

バイクは腰で乗るのか

6月の初めから、ピザ屋さんのバイクに似たような乗り物に乗ることになった。

仕事で配達をしているからだ。

 

始めは曲がらないなぁ、ハンドリングが難しいなぁと思っていた。

実は一昨日から、このバイクって乗り物は腰の体重移動で曲がる乗り物なんじゃなかろうかと気づいたのだ。

腕で曲がろうとすると、すごく曲がりづらいのに、腰のどのあたりに重きを置くかによってふっ、と曲がることができた。

ビックリした。この腰の体重の移動も、じつはクンルンクラスの基礎で習ったことと、全く同じ内容だったからだ。

 

ワークやっていることが、実生活に同じ秘訣が隠されている何かを知るきっかけになるなんて、本当にサプライズ。

 

体をどこから動かそうとしているのか、そしてそれが無理ないのかどうか。

そういう問いかけをしてみようかな。

 

難しいと思っている原因は、自分の中にあるのか。

自分の中で何かがかけちがっていたら、たどり着きたいところまでいけないのか。

 

ちょっぴり、賢くなった気持ちになれた。