うぉーと吠える日々

たまに、うぉーと心の中で吠えています。メモがわりに書いているので、乱文です。ご容赦くださいませ。

磁場と電場 新たな展開

6月22日

知人と約束して、富士吉田の不二阿祖山大神宮にて祈願した。

13日にも、この地を訪れている。

その時に伺った話で、22日の参拝とご神体を預かることを決めた。

 

この日、知人とは8:45にみなとみらいで待ち合わせた。

私はあまり携帯をみないので、家を出る8:30に携帯を見ると、知人からメッセージがいくつか来ていた。

 

寝坊をした

間に合わないかも

奇跡がおきとる

思ったより早く着くかも

 

以上のことが書かれていた。

何かが、起きとるらしい。

そして起承転結の、起承転まで来ている。

なので、私は

「大丈夫です。間に合うよ!」

と返事をした。

 

実際、8:50に彼女と落ち合うことができた。

どうやら、7:30に出かける予定が、7:30に起きたらしいのだ。

そして、マリオBダッシュをかけてくれたらしい。

計らわれたようにタクシーが来て、タクシーの運転手さんに、適切な道に導いてもらい、無事にたどり着いたのだ。

 

彼女は私のアクセスバーズ®を受けてくれたのだが、その時彼女に、夏至の日は残業なしでお願いしておこうと言ってスイッチを入れたのだ。

 

私はここ数日残業というか、仕事を前倒して入れていた。バイト先のシフト調整で、結果6時間ほど多く働くことになった。

 

彼女は月末の激務にも関わらず、夏至の6月21日は残業がなかったそうで、その代わり在宅ワークをしたそうだ。

 

お互いの話を引き合わせると、どうやら私と彼女は残業の等価交換をしたようだ。

 

確かに残業しないスイッチをいれたんだけれど、まさか私に残業が発生するとは思いもよらなかった。お願いするときはかなり細かい描写をしないといけないのだろうか?

今度他人のためにお祈りをするということについて観察してみたいものだ。