うぉーと吠える日々

たまに、うぉーと心の中で吠えています。メモがわりに書いているので、乱文です。ご容赦くださいませ。

大山阿夫利神社奥宮

6/26

大山阿夫利神社に行った。

大山は登ってみたいと思って1年半、いや大山というキーワードが降ってきてというべきか。

車で自宅を出て1時間半。

大山ケーブルカー近くの駐車場に車を停める。ここからケーブルカーの駅まで石段の参道を登ってゆく。

斜面の角度がすごい。


f:id:stonemalachite:20180708152232j:image

大山阿夫利神社の下社に到着して参拝。

 

すごい傾斜の石段を登り、しばらく進む。

鹿がいた。
f:id:stonemalachite:20180708152455j:image

肌寒くなるのかと思わせる風が吹き抜けるなか、粛々と登山を進める。
f:id:stonemalachite:20180708152520j:image

トレイルランをされている方も多くて、昔の行者修行場さながらの大山登山。

下界では絶対見られない光景だ。

汗が吹き出て、適度に風を受けて乾くを繰り返す。

休憩時にイージョンを行う。自然に四つ這いになる場所もあり体のもとめるままにクンルンプラクティスを組み込んで登山する。

そうしているうちに途中から静かに登山をしたくなり、できうる限り音をたてないで登り始めた。


f:id:stonemalachite:20180708153324j:image

ぼたん岩と呼ばれる石
f:id:stonemalachite:20180708153433j:image


f:id:stonemalachite:20180708153510j:image

登山道以外の場所には、こんなとげのある草が沢山生えていて、大山は剣呑な山、と感じさせる。
f:id:stonemalachite:20180708153642j:image

鳥居が見えた。まもなく頂上。

ずっと雲の中を進んでいたが、頂上手前で雲を抜けた。

登り始めて1時間半だ。
f:id:stonemalachite:20180708153808j:image

そして頂上。
f:id:stonemalachite:20180708153841j:image

お日様が出ていて、風があっても暖かい。

しばらく日光浴をして下山開始。
f:id:stonemalachite:20180708153951j:image

下社近くの滝


f:id:stonemalachite:20180708154053j:image

1時間ちょっとかかって下山。

下山のときも、静かに降りることにした。

あまりにも集中して山を下山したため、頭がいたくなった(笑)

なのて、茶屋でカレーを食べて少しぼんやりした。

境内では茅の輪の準備も完了していた。


f:id:stonemalachite:20180708154225j:image

 

帰りにも鹿がいた。


f:id:stonemalachite:20180708154255j:image


f:id:stonemalachite:20180708154459j:image

ケーブルカーに乗って下山。

4時間で登下山を終えて、大山には再びのぼるビジョンを得て帰路につく。
参道のお店は4時近くには閉まりかけていて、鹿鍋猪鍋が食べられなかった。
またチャンスがあったら食べよう。 

次はもっと早くに来ないと、日が落ちるのも早くなっているだろう。