うぉーと吠える日々

たまに、うぉーと心の中で吠えています。メモがわりに書いているので、乱文です。ご容赦くださいませ。

賢者に聴く

幾つか納得のいかないことがあった。

自分の中で自問自答する。

 

Q. 人はなぜ他人が困っているシチュエーションで、手をさしのべないの?

 

A. 手を差し伸べるのは、自発性だ。

他者が強要するものではない。

 

その話をされたときに、昔読んだイソップの死に際を思い出す。

 

昔、岩波から分厚いイソップ物語の本が出ていて、巻末に彼の寓話をめぐる生い立ちが書かれていた。

最後は、イソップを気にくわない王様とその民衆に崖っぷちに立たされ、突き落とされる。

友達や仲間がいたはずなんだけど、イソップ死んじゃうんだよ。

 

その事が最近、ぐるぐる思い出される。

また、辻麻理子さんの青の書に書かれた、人類が集合意識22を越えられない理由と、とてもよく近似しているように思う。

 

今できることを積み上げること、その事が集合意識を変化させていく、小さいけど大きな変化をもたらすのかもしれない。

バタフライ効果、っていうのか。

 

今日は音楽仲間と飲んだ。

15才年下の子のお誕生会。

みんなよくわかんないけど個性的で、海外飛び回るPさんに、実はスゴいお水に今勤めてるQちゃん、何で私たち一緒に飲んでるんだろうね、妙(たえ)なる出来事だ。

脱毛の話から、私の楽器は実は○万よ、って言ったらその値段であの音色か!?と言われる。

脱毛50万、高い。東京価格なのか?

 

脱毛半額より安いやん、私の楽器……。

でもさ、いい仕事してるよ。いつもありがとう。欲を言えば、オートマチックで治っていただきたい。

 

みんな、年も性別もバラバラなのに、忌憚なく話して、すごく楽しかった。

 

私たちは、1つの音しか出せない楽器だから、4つの音を出すときは4人の力を持ち寄らないといけない。

もし、1つ1つの音が豊かに響いたら

4つ以上の響きを放つ可能性を持つのだ。

 

そういう演奏を送り出すべく、自分に向き合って積み上げるように心がけよう。

 

共振するって、こういう感じなんだろうか?

だとしたら、本当にハッピーだな。

この世は色々あっても、本当によいところだ。

 


f:id:stonemalachite:20190511062225j:image