うぉーと吠える日々

たまに、うぉーと心の中で吠えています。メモがわりに書いているので、乱文です。ご容赦くださいませ。

ウワツフミ

私は昨日、何か違うと思って

約束をキャンセルした。

 

体調が振るわなかったのと、

違う感を無視できないなとおもったから。

 

帰宅してウワツフミが目に入って、

具合が悪くなって横になる。

少し休んでパッと本をひらき、

気になる言葉をひろってゆく。

 

ウワツフミは枝葉の話はしていないな、

と思うときがある。

私の行いを結ぶのはわたしであって、

他者ではないのだ。

 

そして、口・心・行を

整列させていくこと。

それも令和に入って、

そのずれが大きく出るような

振動数に入ったのか。

 

瞬間瞬間でやっぱり違うかも、

と感じたときに、修正が入りやすい

隙間感も増えていて、

色々見つめ直すいい時期だと思う。

 

久しぶりに横浜の家にある、

神棚のおっさんに丁寧に

ご挨拶を差し上げお茶を供える。

 

おっさんは

いつも変なタイミングで笑かしてくる。

(妄想だと思っていただきたい)

勘弁して!と思うけれど、

そこは切り替えなのか、

ただの冷やかしなのか、

よく分からない所がある。

おっさんは間違いなく楽しんでんねんな。

回収は一気にするので、

仕事はできる人だ。

 

今日は粗大ゴミの手配をして、

片付けを進めてから出かけよう。

決めないから進まないのだったら、

サクサク決めてやろう。

 

そこを丁寧に素早く続けていこうと思う。